鼻水や鼻づまりがひどいアレルギー性鼻炎。鼻呼吸ができなくなると、どんどん口呼吸になってきてしまいます。そんな口呼吸を改善する方法はないのか、詳しく解説していきますね。

 

口呼吸は体にとってあまり良くないのはおわかりでしょうか?

 

鼻と違って口は呼吸するところではないので、酸素を十分に取り込めないんですよ。なので体が酸素不足になってしまい、頭痛やめまいなど他の症状も引き起こされるんですね。

 

また、鼻水や鼻づまりがひどいとご飯を食べる時やお風呂に入る時も大変だと思います。ご飯を食べている時は口が塞がってしまうため、鼻からも口からも呼吸ができなくなってしまうんですよ。

 

アレルギー性鼻炎の人なら経験したことがあるのではないでしょうか?食べている合間に口呼吸をするものですから、食べるのにも時間がかかります。

 

では、アレルギー性鼻炎からくる、つらい口呼吸を改善してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

なぜアレルギー性鼻炎で口呼吸になるの?

アレルギー性鼻炎,口呼吸,改善
アレルギー性鼻炎で口呼吸になる理由は、ずばり鼻が使えないからなんです。アレルギー性鼻炎の主な症状は鼻水と鼻づまりですよね。

 

鼻呼吸をすると鼻水が垂れてくるので徐々に口呼吸をするようになり、鼻づまりがひどいと鼻から酸素を取り込めないので口呼吸をすることになります。これを改善しないと、本当に毎日の生活が苦しくて苦しくて仕方がないんですね。

 

アレルギー性鼻炎の鼻づまりからくる口呼吸を改善するなら、アレルギー性鼻炎の鼻づまりはどういうメカニズムで起こるのか、についても知っておきましょう。

 

風邪の場合はネバネバした鼻水が出るので、鼻水が気道を塞いでしまうことがあります。

 

参考:アレルギー性鼻炎で咳と痰が止まらない時の改善方法!

 

でも、アレルギー性鼻炎はサラサラした鼻水なので流れ出るんですね。そのため鼻水が気道を塞ぐことは少なく、アレルギー反応による炎症で鼻の粘膜が腫れ、それが気道を塞いでいることの方が多いんです。

 

アレルギー性鼻炎を改善するのが一番の良い方法?

アレルギー性鼻炎の鼻づまりの原因は炎症によって鼻の粘膜が腫れているからだとすれば、口呼吸を改善するためには粘膜の腫れをなんとかしないといけません。腫れが原因なら一生懸命鼻をかんで鼻水を出しても口呼吸は改善されませんよね。

スポンサーリンク

 

なので、口呼吸を改善するためにはアレルギー性鼻炎そのものを改善させて炎症を抑えるのが一番の近道なんです。

 

じゃあ、どうやって炎症を抑えれば良いの?と言いますと…。

 

やはりもっとも効果的なのはお薬を飲むことなんです。病院を受診してお医者さんに相談すれば鼻水や鼻づまりを良くするお薬が処方されるでしょう。

 

アレルギー性鼻炎の炎症を抑えるお薬もありますから、そういったお薬を飲むことで炎症が引いてき、腫れもなくなり、スッキリと鼻で呼吸できるようになるんですね。

 

あとはマスクをして鼻からアレルゲンを取り込まないようにしたり、家の中を掃除してアレルゲンを取り除いたり、といった基本的な対策が有効です。

 

即効性のある改善方法はあるの?

アレルギー性鼻炎からくる口呼吸を今すぐにでも改善したい!という時は、冷やして下さい。

 

「えっ?鼻がつまっているのに冷やすの?」と思う方もいらっしゃると思います。

 

確かに鼻がつまっている時は温めて鼻水を出す…というイメージが強いでしょう。お風呂に入ると鼻が出てきてスッキリした、ということもありますよね。

 

ですがアレルギー性鼻炎の鼻づまりは“鼻の粘膜が炎症を起こして腫れている”から起こるんです。そこを温めてしまったら、血管が拡張して炎症がひどくなってしまいます。

 

なので「冷やす」んですね。

 

冷やすことで血管が収縮し、炎症が鎮まって腫れが引くためアレルギー性鼻炎の症状が楽になるという仕組みなんですよ。そうすれば鼻呼吸ができるようになりますから、つらい口呼吸も改善できます。

 

参考:アレルギー性鼻炎の原因に食べ物が関係してくる!?

 

冷やす位置ですが「鼻腔」のあたりが最適です。鼻腔はちょうど鼻の真ん中くらいにあるので、冷たいタオルなどで鼻を覆うようにすればしっかり冷やすことができます。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎から来る口呼吸は冷やすことで改善できますから、ぜひ試してみて下さい。ただ、あまり冷たすぎるのも良くありません。

 

冷水に浸したタオルをそっと当てるのが理想的ですね。

 

アレルギー性鼻炎はアレルギー反応によって炎症が起きているので、風邪の時などに使う改善の方法は応用できない場合が多いのです。

 

あとは炎症を悪化させないよう、室内は50%くらいの湿度を保つようにしておくことをオススメします。空気が乾燥していると鼻や喉から潤いがなくなってしまうので、アレルゲンの刺激を受けやすくなるんです。

 

アレルギー性鼻炎の人にとって乾燥は良くないことなんですよ。

 

スポンサーリンク