蓄膿症を薬で治す時には抗生物質を使うんです。抗生物質は蓄膿症の原因となる細菌をやっつけてくれるんですよ。

 

では、市販薬はどうなのでしょう?効果はあるのでしょうか?

 

蓄膿症を治すには耳鼻咽喉科もしくは耳鼻科を受診するのが一番なのですが、病院になかなか行かれない人もいると思います。

 

また、軽い蓄膿症だと「わざわざ病院に行かなくても…」と考えてしまいますよね。「できれば市販薬で治したい…」という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

蓄膿症を薬で治すのに抗生物質はどんな働きをするのか?市販薬で治すことはできないのか?一緒に蓄膿症と薬の関係を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

蓄膿症を薬で治す場合は抗生物質が使われる?

蓄膿症,薬,抗生物質,市販薬
蓄膿症を治すには投薬が有効的なんですよ。どんな薬を使って治していくのかと言いますと、ズバリ“抗生物質”です。

 

抗生物質は細菌をやっつけてくれる薬というのは有名な話ですよね。細菌をやっつける抗生物質の力を借りて、蓄膿症の原因となっている菌を減らしていくんですよ。

 

でも、飲むのは抗生物質だけではないんです。治るまでは抗生物質と一緒に、症状を緩和させる薬も飲むんですね。

 

「消炎鎮痛剤」。これは痛み止めと考えて良いでしょう。蓄膿症になると目や歯や鼻が痛くなってくるので、薬を飲んで痛みを抑えるんですよ。

 

「膿を排出しやすくする薬」も処方されることがありますね。膿が溜まっていたら蓄膿症は治りませんので、薬を使って膿を出しやすくするんです。

 

つまり蓄膿症は抗生物質と他の薬を組み合わせて治していく、ということになります。では、その役割を市販薬が果たせるのかと言いますと…?

 

蓄膿症は市販薬で治すことができる?

蓄膿症を市販薬で治したいなら、蓄膿症のための市販薬を購入しましょう。まだ初期の蓄膿症であれば、病院に行かなくても治せる可能性があります。

 

ただし蓄膿症がある程度まで進んでしまうとお医者さんの力と抗生物質の力を借りなければ治せませんから、もし市販薬を飲んでも改善が見られない場合はすぐに病院へ行って下さいね。

 

その昔、蓄膿症は治らない病気と考えられていました。それが今では薬で治せるようになったのですから、とてもありがたいことですよね。

 

では、蓄膿症にはどんな市販薬があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

  • チクナイン

小林製薬から出ている薬です。チクナインは1日2回の服用になっているので、朝食と夕食のタイミングに合わせて飲むと良いでしょう。気をつけなければいけないのが、チクナインは“食前”に飲む薬だということ。食前の市販薬というのも珍しいですね。

 

チクナインは蓄膿症に効果のあるシンイセイハイトウが含まれているんです。このシンイセイハイトウが炎症と膿を抑える働きを持っているんですね。だから蓄膿症の症状が楽になって、呼吸がスーっとしてくるんですよ。

 

顆粒と錠剤があるので飲みやすい方を購入しましょう。しかもチクナインは眠くならないので、大事な仕事の前にも飲むことができるんです。

 

市販薬を飲む時に気をつけた方が良いことって?

蓄膿症は薬で治る時代。でも、症状が進んでしまうと市販薬では治らないこともあるんです。

 

また、市販薬で治ったとしても、病院を受診して抗生物質など適切な薬を処方してもらった方が早く治るケースもあるんですね。

 

「市販薬を飲んでもなかなか良くならない」
「とにかく早く蓄膿症を治したい」

 

このような人は早いうちに耳鼻咽喉科か耳鼻科にかかり、しっかり抗生物質を飲んで蓄膿症を治した方が良いでしょう。特に市販薬は長く飲み続けると体にとって良くありませんから、しばらく飲んでも改善が見られないなら病院へ行くようにしたいですね。

 

蓄膿症が治らずに悪化していくと、最悪の場合は手術をしなければいけなくなることもあるんです。薬と手術では負担も費用も違ってきますから、薬で治るうちに治療を開始するのが得策ではないでしょうか?

 

まとめ

蓄膿症を薬で治すには、自分の蓄膿症がどのくらい進んでいるのか把握することが大事なんです。初期なら市販薬で治る可能性もありますが、症状が悪化してしまうとお医者さんや抗生物質の力を借りなければ治りません。

 

蓄膿症は風邪と非常に症状が似ていて勘違いされやすいので、間違えないよう症状をじっくり観察してみて下さい。

 

風邪をこじらせて蓄膿症になってしまう人も多いので、風邪をひいたら重くさせないようにしましょう。蓄膿症を防ぐためには“風邪を早く治すこと”も重要になってくるんです。

 

重い風邪をよくひく人やアレルギー性鼻炎の人は蓄膿症にかかりやすいと言われていますから、日頃から鼻の状態を見るようにしておくと早期発見に繋がりますよ。

 

スポンサーリンク