アレルギー性鼻炎の人にいびきが多いって、知っていましたか?なにをしても治らないいびき、実は手術で治るんです。

 

手術でどんな治療をするのか、詳しく調べてみました。

 

いびきは寝ている間、無意識のうちにかいてしまうものです。なので「いびきを止めよう!」と頑張っても止められたりはしないんですね。でも、自分のいびきがひどいというのがわかると、ちょっと憂欝になりませんか?

 

友人と旅行に行った時はどうしよう?誰かの家に泊まりに行ったらどうしよう?もしかして家族も自分のいびきがうるさくて眠れてないんじゃないかな?

 

そんな不安が次々と出てくると思います。あまりにいびきがひどいなら、手術や治療をするのもアリなんですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎でいびきがひどくなることってあるの?

アレルギー性鼻炎,いびき,手術,治療そもそもアレルギー性鼻炎といびきはどう関係しているのか?手術や治療をする前に、関係性を知っておきましょう。

 

まず、普通のいびきのメカニズムについてお話していきますね。いびきというのは上気道が狭くなってしまうことによって起こるんです。上気道とはなんなのかと言いますと、「鼻と喉」のことなんです。ちなみに下気道になると「気管」や「気管支」になるんですよ。

 

人間なら誰でも寝ている時は上気道、つまり鼻と喉が狭くなるんです。でも、いびきをかかない人も、もちろんいますよね。

 

なのにどうして一部の人だけいびきをかくのかと言いますと、年をとったり太ったりしていると普通よりも鼻と喉が狭くなったり筋肉の力が弱くなってしまっているから、なんですね。

 

参考:アレルギー性鼻炎で咳と痰が止まらない時の改善方法!

 

狭くなった鼻や喉を無理やり空気が通るから、そこの粘膜が振動して音が起こるんです。この音が“いびき”になります。

 

そのためよく行われているいびきの手術では空気の通り道を広げるようにしてあげるんです。

 

アレルギー性鼻炎の人は鼻や喉に炎症が起きているので、腫れて狭くなってしまっているんですね。腫れて狭くなることで、いびきをかきやすい体になる…という仕組みなんです。

 

アレルギー性鼻炎がきっかけでいびきをかくようになってしまった場合、効果のある治療はやはり“手術”。昔と比べるといびきの治療の幅は広がり、手術も楽になっているのでそんなに大変じゃないんですよ。

スポンサーリンク

 

いびきの手術って本当にあるの?治療方法はどんな感じ?

いびきの手術は実際にあります。

 

また、アレルギー性鼻炎をきっかけにいびきをかくようになり、いびきの治療をしている人もいるんです。いびきの治療をしてもなかなか良くならないと、手術になるんですね。

 

手術では、いびきをレーザーで治療します。その昔はいびきの手術がすごく大変だったのですが、レーザーが導入されてから随分と楽になりました。レーザーはアレルギー性鼻炎の手術にも使われていますので、目や耳にする機会が結構多いのではないかと思います。

 

昔のいびきの手術は全身麻酔を使わなければなりませんでしたし、入院も長くしなければいけませんでした。ですがレーザーですと日帰り手術が可能なので入院しなくて済むんですよ。

 

レーザーを使ってどんなふうに治療をするのかと言いますと、塞がれた気道にレーザーを照射して広げてあげるんです。気道が広くなることで空気が無理なく通れるようになり、いびきをかかなくなる…という仕組みなんですね。

 

出血がほどんとなく副作用も少ないため、体への負担が非常に少なくて済むのがレーザーを使った手術の特徴です。アレルギー性鼻炎がきっかけで始まったいびきがどうしても治らない場合はこんな治療方法もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

いびきを放置しておくと、体にどういう問題があるの?

アレルギー性鼻炎から来るいびきを治療せず放置していたらどうなるのか。

 

手術、と言われると、どうしてもみなさん「嫌だなあ」と消極的になってしまうのではないかと思います。でも、いびきを放置しておくと体にとって良くないことが起こるんですよ。

 

いびきが起こる=狭い気道を空気が無理やり通っている、ということなので、酸素が足りていない状態になるんです。満足が呼吸できていないんですね。

 

そうすると眠っている時の呼吸が不十分になって眠りが浅くなり、体の疲れがとれなくなったり免疫力が低下したりするんです。免疫力が低下するとアレルギー性鼻炎も悪化しますから、悪循環になるんですよ。

 

参考:アレルギー性鼻炎は布団を掃除すれば劇的に改善される?

 

なので、いびきはきちんと治療するようにしましょう。手術も15分程度の簡単なものなので、ちょっとだけ我慢すれば良くなるならした方が生活の上できっと楽になるのではないでしょうか。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎がいびきにも関係しているなんてびっくりですよね。いびきは「うるさい」とか「迷惑」とか、それだけの問題じゃないんです。

 

自分の体に害を及ぼすのでしっかり治療をしてあげて下さい。

 

ちなみにいびきの治療や手術をしたい時は「耳鼻咽喉科」に行きましょう。一部の整形外科などでも行っていることがありますが、耳鼻咽喉科であれば間違いありませんよ。

 

スポンサーリンク