アレルギー性鼻炎の薬は時々ステロイドが入っていますね。よく見かけるのは外用薬で、点鼻薬に入っていることが多いです。でも、ステロイド点鼻薬って少し怖くないですか?

 

「本当にアレルギー性鼻炎に効果があるの?」「効果があったとしてもステロイドを使って大丈夫なの?副作用は?」

 

いろんな不安が押し寄せてくるのではないかと思います。

 

ステロイドは確かにいろいろな症状に効果を発揮してくれる薬ですが、副作用があることで有名なんですね。もし副作用が出てしまったらどうしよう?と不安になってしまうのもわかります。

 

今回はアレルギー性鼻炎にステロイドの薬はどれくらい効果があるのか。そして副作用はないのかどうかについてお伝えしていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎の薬にステロイドが入ってるって本当?

アレルギ―性鼻炎,ステロイドまずはアレルギー性鼻炎の薬にステロイドが入っているかどうかについて。

 

ステロイドは炎症を抑える力を持っているのでアレルギー性鼻炎に効果的なんです。ですから、ステロイドが入った薬って結構あるんですよ。

 

じゃあ、どんな薬にステロイドが配合されているのか?と言いますと、有名なのはセレスタミンですね。セレスタミンというのは内服薬のことで、炎症を抑える強い薬、とも言われているんです。アレルギー性鼻炎だけではなく、湿疹や蕁麻疹、結膜炎にも効果がある薬なんですよ。

 

アレルギー性鼻炎の点鼻薬や点眼薬にもステロイドが入ってる?効果は?

アレルギー性鼻炎の点鼻薬や点眼薬にもステロイドは入っています。どちらかというと、内服薬よりも外用薬の方に使われていることが多いんですね。

 

そこで、アレルギー性鼻炎のステロイド点鼻薬にはどのようなものがあるのかご紹介していきましょう。

 

「ナゾネックス」「エリザス」「フルナーゼ」「アラミスト」「ナザールAR」、このあたりがよく知られているのではないかと思います。アレルギー性鼻炎で病院にかかっている人なら、もう処方されているかもしれないですね。

 

参考:アレルギー性鼻炎に効く点鼻薬、市販のランキングを紹介!

 

ほとんどのステロイド点鼻薬は液体となっていますが、エリザスだけ粉末という変わった点鼻薬なんですよ。粉末なので噴射したあとダラダラと垂れてきませんし、鼻の奥に液体が届く不快感もないので点鼻薬が苦手な人でも使えるメリットがあるんです。

スポンサーリンク

 

他にはどのような違いがあるのかと言いますと、やはり強さや使い方、それから子供にも使えるかどうか、ですね。

 

エリザスやナザールARは子供だと使えませんが、アラミストは2歳以上、ナゾネックスは3歳以上、フルナーゼは5歳以上から使うことができるんです。

 

また、ナゾネックス、エリザス、アラミストは1日1回の噴射で効果を発揮してくれますが、フルナーゼは1日2回、ナザールARは1日に2~4回噴射しないといけないんですね。

 

なので、フルナーゼやナザールARはちょっとだけ手間がかかるんです。

 

ステロイド点鼻薬の効果は“アリ”と言えるでしょう。ステロイド点鼻薬を使うようになってからアレルギー性鼻炎の症状が緩和されたという体験談がインターネット上にも投稿されています。

 

アレルギー性鼻炎の不快な鼻づまりがなくなるから鼻呼吸が楽になる、と話している人が多いんですよ。

 

ステロイドが入ってても大丈夫なの?副作用はないの?

アレルギー性鼻炎に効果があるとわかっても、ステロイドが入っているとどうしても使うのをためらってしまうものです。

 

でも、ステロイド点鼻薬は副作用が少ないことで知られているんですよ。ただし“副作用が少ない”のであってまったくないというわけではありません。それではいったいどんな副作用があるのかを見ていきましょう。

 

ステロイド点鼻薬は“点鼻薬”ですので、鼻の中に噴射して使います。そのため副作用も“鼻”に集中するんですよ。

 

例えば鼻の粘膜が弱くなって鼻血が出やすくなったり、ちょっとだけ鼻がムズムズしたり、鼻の中が乾燥してカサカサしているような違和感があったり、といった感じです。

 

参考:アレルギー性鼻炎に効く市販薬ランキング!人気が高い薬は?

 

また、人にもよりますが鼻血と言ってもダラダラと流れ出てくるわけではありません。鼻をかんだ時や鼻を拭いた時、ティッシュに少しの血がついてくる程度なんですね。

 

アレルギー性鼻炎の薬にありがちな、眠くて仕方なくなったり、ボーっとしたり、口の中が乾いたり、ダルるくなったり、といった副作用はほとんどありません。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎に効くステロイド点鼻薬、副作用はあまり怖いものではありません。ですがステロイドが入っていることには違いないのですから使い方を間違えないようにしましょう。

 

用法・用量は守り、薬剤師さんの説明をよく聞いて正しい使い方をするよう心がけるのがポイントです。

 

また、ステロイド点鼻薬は勝手にやめてはいけません。

 

ステロイドは炎症を抑え込みますが治すわけではないので、やめると抑え込まれていた炎症が一気に暴発してしまうんです。アレルギー性鼻炎が今までよりひどくなってしまう可能性もありますからお医者さんの指示に従って使うようにして下さいね。

 

スポンサーリンク