蓄膿症の人が頭を悩ませている「痰」。朝になるとひどく出て困っているのではないでしょうか?なぜ痰が出るのか、対処法はないのか、気になるところだと思います。

 

痰が出るって、結構つらいんですよね。喉の奥の方でなにか詰まっている感じは気分が悪いものです。

 

特に朝は忙しいので、痰がひどくて「イラッ」とする人、結構いらっしゃいますよね。飲み込むには気持ちが悪いし、だからといっていちいち吐き出すのもなかなか面倒です。それに、痰が出る度にティッシュを使うのももったいないと感じるでしょう。

 

蓄膿症の症状には痰だけでなく咳もあるのですが、痰と咳が両方ともひどいと痰がからんだ咳になってしまいます。

 

「朝になると痰が多くなる」
「朝になると痰がからんだ咳が出る」

 

このような人は蓄膿症の影響でそうなっている可能性が考えられます。特に朝にひどい方などにはしっかり読んでもらえたらと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

蓄膿症になるとどうして痰が出るの?

蓄膿症,痰,朝
蓄膿症になるとなぜ痰が出るのか、朝になるとひどくなるのか。まずは痰が出るメカニズムから知っていきましょう!

 

主な蓄膿症の症状に鼻水と鼻づまりがありますよね。蓄膿症の人の鼻水は黄色くてネバネバしていて、とても粘り気が強いんです。蓄膿症になるとたくさん鼻水が出るので、黄色い粘り気の強い鼻水が喉の方に流れていってしまうんですよ。

 

また、膿がたくさん溜まると副鼻腔から膿が喉の方へ流れ出てしまうこともあるんですね。

 

喉の方に流れた鼻水や膿、これは異物として判断されるので、体は「痰にして外へ出そう!」とするんです。そうすると痰がからむようになりますし、外へ出そうという力が働いて咳も出るようになります。だから蓄膿症になると痰や咳が増えるんですよ。

 

ちなみに、喉の方へ鼻水が流れていってしまう症状を“後鼻漏”と呼びます。ただ、誤解を受けがちなのですが、後鼻漏は病気というわけではないんですね。蓄膿症ではない健康な人でも鼻水は1日に最低2リットル、最高でも6リットル出ているんです。

 

「うそ!そんなに鼻水は出てないよ!」と思う人もいるかもしれません。それもそのはず、作られた鼻水は気づかないうちにほとんどが喉の方へ流れていくんですよ。なので後鼻漏自体は悪いことではないんです。

スポンサーリンク

 

さて、それではどうして朝になると痰が一気に増えるんでしょうか?

 

なぜ朝になるとひどくなるの?

蓄膿症の痰が朝になると一層ひどくなるのは、先ほどお話した“後鼻漏”がポイントになるんです。

 

みなさんは寝る時、どんな姿勢で寝ているでしょうか?立って寝ていたり座って寝ていたりする人はいないですよね。布団に入って、横になって寝るでしょう。

 

実はこの横になるという体勢こそ、痰が朝にひどくなる原因なんですよ。立ったり座ったりしていると喉の方に流れていった鼻水などは下へ落ちていくんですね。でも、寝ている状態だと喉の方に流れていった鼻水などは喉へ溜まってしまうんです。

 

パイプで想像してみるとわかりやすいと思います。縦向きなら水は流れていきやすいですが、横向きですと水は流れて行きづらくなり溜まっていきますよね。蓄膿症の痰が朝になるとひどくなる理由はここにあったんです。

 

特に蓄膿症の鼻水は粘り気が強いのでなかなか出てこないという難点もあるんですよ。それをなんとか出そうとして咳をするうちに喉まで痛くなってくるんですね。

 

朝は痰ナシにスッキリ起きたい!対処法はある?

蓄膿症の症状、痰。せめて朝の不快な状態だけでも対処できないのでしょうか?

 

蓄膿症を治すのが一番の方法ですが、病院に行ったとしても1日や2日で治るわけではありません。そこで今すぐ実践できる、朝の痰に効く対処法を探してみました。

 

もっとも効果的なのが“正しい方法で痰を出す”です。

 

力任せに出そうとしても喉を傷めるばかりなので、すんなり痰を出すコツを覚えるんですね。咳ではなく喉の奥の方から息を出すようにすると、痰が動きやすくなるんです。

 

ただ、蓄膿症の痰は粘り気が強いのでこれだけではどうにもならないこともあります。そういう時は水分をとって痰に水気を与えてみて下さい!喉や痰が潤うとはがれやすくなって痰が動きやすくなるので、出しやすさが上がるんですよ。

 

部屋がものすごく乾燥しているなら加湿をするのも良いでしょう。寝ているうちに加湿をしておくと喉や痰が乾燥しませんから、朝が楽になるんですね。乾燥は炎症を悪化させるため蓄膿症にも良くありませんし、加湿は大事なんですよ。

 

まとめ

蓄膿症の痰が朝になるとひどくなる理由は“後鼻漏”にあったんです。

 

蓄膿症が治るか、病院で痰の薬を処方してもらうまでは痰そのものが改善しませんから、朝のつらさは“痰を出しやすい状態にしてあげる”方法で対処するのが良いですね。

 

無理に咳をして出そうとすると喉を傷めますから、がむしゃらに咳をするのはやめましょう!喉が刺激を受けると余計に症状が重くなり、つらくなってしまいますよ。

 

スポンサーリンク