蓄膿症を楽にしたいなら、寝るときと寝起きにしておきたいことがあります。治療の手助けをしてくれるオススメの方法ですよ。難しくなく、誰でも簡単にできます。

 

蓄膿症って本当につらいですよね。鼻水、鼻づまり、頭痛、頭重感、痰、咳。少しでも蓄膿症の症状が楽になったら良いと思いませんか?

 

寝るときと寝起きにあることをすると、症状が少し緩和されるんですよ。詳しく見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

蓄膿症を楽にするなら?寝るときにしておきたいことって?

蓄膿症,寝るとき,寝起き蓄膿症が楽になる、寝るときにしておきたいことをご紹介します。寝るときにちょっとした工夫をしておけば、寝起きが随分と楽になるんですね。

 

「鼻うがい」は蓄膿症の症状を緩和させる定番の方法です。1日1回の鼻うがいを寝るときにすると、スッキリしたまま眠れるので寝つきが良くなりますよ。

 

実は「玉ねぎ」もオススメなんです。寝るときにスライスした玉ねぎのにおいを嗅ぐと、炎症が治まって楽になります。玉ねぎには硫化アリルと呼ばれる成分が入っていて、これが炎症を抑える作用を持っているんですね。部屋の中にスライスした玉ねぎを置いてにおいを充満させておくと、眠っている最中も鼻が通るようになるので良く眠れます。

 

ただ、玉ねぎが嫌いな人だとこの方法は厳しいかもしれません。嫌いなにおいが漂っているとむしろ寝つきが悪くなる可能性もありますから、その場合は別の方法をとりましょう。

 

蓄膿症の人は、寝るときに頭をやや高めにしておくと鼻づまりが楽になります。背の高い枕を使ってみてはいかがでしょうか?金銭的に難しいのであれば無理に枕を買い直さなくても、シーツなどを使って高くすることができるので、試してみて下さいね。

 

参考:蓄膿症で喉の痛みや違和感が出た時に楽にできる改善法とは?

 

ちょっぴりオシャレな方法がアロマオイル。アロマオイルって本当に効果が期待できるんですよ。蓄膿症なら、寝るときに「ティートゥリー」「ペパーミント」「ユーカリ」「マートル」のアロマオイルがピッタリ。いい香りが漂っていると寝起きも気分が良いですよね。

スポンサーリンク

 

寝るときに若干の手間はかかっても、寝起きが楽になるのだと考えれば苦にはならないでしょう。

 

寝るとき以外にも!蓄膿症を楽にする、寝起きにしたいこと

蓄膿症を楽にするなら、寝るときだけではなくて“寝起き”にもやっておくと良いことがあります!

 

蓄膿症の人は寝起きに症状が悪化しますよね。この一時的な症状の悪化はモーニングアタックとも呼ばれているんです。

 

寝るときにいろいろ工夫していれば寝起きも楽になりますが、完全に症状がなくなるわけではありません。そこで、寝起きは「うがい」と「水分補給」を徹底してみましょう!

 

うがいと言っても鼻うがいではなく、普通のうがいです。鼻うがいは1日に1回までで、何回もして良いものではありません。口の中をゆすいで、そのあとにうがいをする、これだけでも喉が潤うので楽になりますね。

 

さらにお水やお茶をたくさん飲めばもっと喉が潤っていって、寝ている最中、喉に溜まってしまった鼻水や膿も潤っていくんですよ。喉も鼻水も膿も潤うと、鼻水と膿が排出されやすくなります。

 

参考:蓄膿症が悪化していく…症状を抑える方法は?原因は何?

 

もし寝るときに玉ねぎを部屋に置いていたなら、その玉ねぎを寝起きに食べましょう。そのまま食べるのではなく、例えばトーストの上にぽんとのせて食べたり、お味噌汁に入れて食べたりするのがオススメですね。寝るときと寝起きに玉ねぎの効果をダブルで受けられるので、蓄膿症が楽になりますよ。

 

1日中できる蓄膿症を楽にする方法は?

蓄膿症をもっと楽にしたい!と考えているなら、1日中使える方法も試してみましょう。寝るときと寝起き以外にもできることはたくさんあるんです。

 

「加湿」は蓄膿症の人にとって大切ですね。乾燥は蓄膿症の大敵ですから、加湿器などを使って室内の湿度を上げていきましょう。可能なら寝るときもつけたままにしておくと、寝起きがスッキリしますよ。

 

「空気をきれいにする」、これも蓄膿症の人にとって大切です。空気清浄器を使ったり部屋の中を掃除することで、空気はきれいにできます。汚れた空気は炎症を刺激してしまうため、蓄膿症が悪化していってしまうんですよ。

 

今の空気清浄器はとても有能ですから、ウイルスや花粉なども取り除いてくれます。風邪やアレルギー性鼻炎の予防にも使えるので買っておいて損をすることはありませんね。

 

まとめ

蓄膿症を楽にしたいなら、寝るときにも寝起きにも、もちろん日中にもいろいろ試していきましょう。努力次第で蓄膿症の症状は軽くなっていきますよ。

 

最初は面倒くさく感じるかもしれませんが、長く続けて入れば日課になってくるのでだんだん気にならなくなるものです。

 

加湿器によってはアロマオイルをセットできるものもありますから、加湿器とアロマオイルをセットで使っても良いでしょう。自分に合った改善法をぜひ見つけて下さいね。

 

スポンサーリンク