アレルギー性鼻炎と喘息には繋がりがあるんです。アレルギー性鼻炎は喘息の合併症とも言われているほどなんですよ。改善させるには、やはり治療が必要となります。

 

喘息でアレルギー性鼻炎を合併している人は、なんと3分の2にも及ぶという調査結果が出ているんです。3人のうち2人は喘息とアレルギー性鼻炎、両方で悩んでいるということですね。

 

なにもしなければ症状は良くならず、つらい日々がひたすら続いていきます。しっかりと喘息の治療をし、アレルギー性鼻炎には対策を行って症状を緩和させ、楽に過ごせるよう頑張りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎と喘息にはいったいどう関係しているの?

アレルギー性鼻炎,喘息,改善アレルギー性鼻炎はアレルゲンに対して抗体を作り出し、それが症状の原因となるヒスタミンを過剰に放出してしまうことによって起こります。

 

対して喘息は風邪をひいたりしてない時や症状がない場合でも常に炎症が起こり続けているんです。常に炎症が起こり続けているということは些細な刺激にも反応し、発作と呼ばれる強い症状が出てくるんですね。

 

また、炎症によって気道が狭くなってしまっている、という特徴もあります。

 

アレルギー性鼻炎と喘息についてはだいたいわかっていただけたでしょうか。ここで重要となるのが、アレルギー性鼻炎も喘息も同じ気道で起きる炎症という点です。まったく同じ場所ではなく、アレルギー性鼻炎は上気道、喘息は下気道で炎症が起きます。

 

上気道で炎症が起きると、炎症細胞が活性化してしまうんですね。活性化した炎症細胞はどうなるのか?と言いますと、血の流れにのって別のところに辿り着き、そこでも炎症を起こします。

 

アレルギー性鼻炎の人が飲む薬、ザイザルってなに?

 

炎症細胞が到達した先が気管支だと、それが刺激となり炎症が悪化して喘息の発作が起こるという仕組みなんです。アレルギー性鼻炎と喘息を合併している場合、アレルギー性鼻炎の炎症が起こると連鎖して喘息の炎症も悪化するということなんです。

スポンサーリンク

 

改善するにはどうしたら良いの?なにか方法は?

アレルギー性鼻炎と喘息を改善させるには、やはり治療を受けるのが一番です。こればかりはお医者さんの力を借りないと症状を改善させるのは難しいでしょう。

 

特にアレルギー性鼻炎と喘息を合併している多くの人は「合併していることに気づいていない」と言われています。自分の症状をきちんと伝えて適切な処置を受けるようにして下さいね。

 

些細なことでもなるべくお医者さんに報告すること、これが大事なんです。自分自身でできる対処法としては「なるべき刺激を受けないようにする(与えないようにする)」のが良いでしょう。

 

効果的なのが「マスク」です。

 

マスクをしていれば刺激となるものをブロックすることができます。代表的なのが花粉と埃ですね。

 

マスクはアレルギー性鼻炎の対策としても喘息の対策としてもオススメできます。重度のアレルギー性鼻炎で悩んでいる人が常につけているマスクを外すと、まるでスイッチを入れたように鼻水やクシャミなどの症状が一気に出る、という体験談もあります。

 

マスクは侮れませんから、刺激物を取り込まないようにするため常備しておくと良いですね。

 

それから「喉の保湿」と「掃除」も忘れてはいけません。

 

喉が乾燥しすぎると炎症が起きるって知ってましたか?口の中と喉が潤っていれば埃などの異物を吐き出しやすくなるんです。掃除は刺激物できるだけ少なくするために必要です。

 

家の中をきれいにすれば埃はもちろん花粉など、他にも刺激となり得るものを取り除けるのでやっておいて損はないですね。

 

気をつけなければいけないのは花粉の季節!

アレルギー性鼻炎と喘息を合併しているなら花粉の季節は要注意!花粉の季節になると症状が悪化すると報告している人がすごく多いんです。もしかするとあなたや、あなたの周りにいる人も春頃になると喘息がひどくなるのではないでしょうか?

 

原因はもちろん“花粉”にあります。

 

アレルゲンである花粉が気管支まで辿り着いてしまうと刺激になって炎症が悪化するんですね。花粉からなるアレルギー性鼻炎の炎症が気管支の炎症にまで影響を及ぼしている可能性も、もちろんあります。

 

アレルギー性鼻炎は乳酸菌を摂取すると良い?どういう関係?

 

どちらにしてもアレルギー性鼻炎と喘息を合併している人は、花粉の季節になったら対策をより強固なものにしないといけません。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎と喘息にはこんな関わりがあったんですね。病院に行き治療を受け、対策を続けることで症状が改善できるでしょう。

 

最後に、もし体重が多いなら無理をしない程度に落として下さい。肥満は呼吸器に負荷がかかるため喘息にとって良くないんですよ。

 

モデルみたくなるまで痩せる必要はありませんが、性別や身長に合った体重を保つようにしておくと症状が楽になります。

 

スポンサーリンク