アレルギー性鼻炎の人が風邪をひくことは珍しくありません。でも、アレルギー性鼻炎薬と風邪薬の併用をするのは危険なんです。

 

アレルギー性鼻炎って、とてもつらいですよね。日常生活すらままならないくらいの鼻水やクシャミが出てきます。鼻がつまっているとろくに眠れませんし、薬で症状を抑えている人も多いのではないでしょうか?

 

みなさんはそんな時に風邪をひいたら、どうしますか?

 

頭痛や喉の痛みがひどくなると風邪薬を飲みたくなりますが、ちょっと待って下さい。アレルギー性鼻炎薬と風邪薬の併用って、あんまり良くないんです。

 

今回は薬の飲み合わせについて詳しくまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬の併用はダメなの?

アレルギー性鼻炎,風邪薬,併用
アレルギー性鼻炎薬と風邪薬の併用は良くないと言われているんです。

 

特にアレルギー性鼻炎の市販薬と風邪の市販薬の飲み合わせは控えた方が良いですね。体にとって良くない影響が起きてしまうかもしれません。

 

どんなことが起きるのかと言いますと、副作用が強く出てしまったり、薬の効果がものすごく強くなったり、もしくは弱くなったりするんです。

 

副作用が強く出れば気持ち悪くなったりやたらと喉が渇いたりするでしょう。薬の効果がものすごく強くなるというのも怖いことなんですよ。

 

薬の飲み合わせがどのくらい危険なのかもっとわかりやすく説明しますと、併用禁忌と呼ばれている飲み合わせがあるくらいなんです。とある薬を併用して飲むと痙攣を起こしたり血液に障害が起きたりすることもあると言われているんですね。

 

参考:アレルギー性鼻炎と風邪の薬は違う?気を付ける注意点とは?

 

血圧低下や急性腎不全、不整脈が起こる飲み合わせもあることを考えてみれば、素人判断で併用するのは危ないというのがわかっていただけると思います。

 

この飲み合わせなら大丈夫?処方薬と市販薬の併用は?

なぜ「薬の飲み合わせ」が存在するのかと言いますと、薬の中の“成分”が関係してくるんですね。

 

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬を併用したい場合、気をつけなければいけないのは“抗ヒスタミン作用”なんです。

スポンサーリンク

 

「抗ヒスタミン作用ってアレルギー性鼻炎薬だけのものじゃないの?」と、疑問に感じる人もいらっしゃると思います。でも実は抗ヒスタミン作用が入っている風邪薬も多いんですよ。

 

なので、アレルギー性鼻炎薬と抗ヒスタミン作用が入った風邪薬を併用してしまうと効果が強く出過ぎてしまい、危ないんです。抗ヒスタミン作用が入っていない風邪薬であればアレルギー性鼻炎薬との併用も大丈夫と言われていますが、判断するのが難しいでしょう。

 

そういう時は“風邪薬だけにしておく”のもひとつの方法なんですよ。抗ヒスタミン作用が入っている風邪薬ならアレルギー性鼻炎にも効果が期待できるので、併用しなくて済みますよね。

 

風邪薬でよく見かける、抗ヒスタミン作用のある成分は3つあります。

 

「クレマスチンフマル酸塩」「ジフェニルピラリン酸塩」「クロルフェニラミンマレイン酸塩」です。

 

風邪薬を買う時にはパッケージの成分表をじっくり読んでおくようにしましょう。

 

参考:アレルギー性鼻炎対策!ハウスダストやほこりを即効取り除く方法!

 

それから処方薬と市販薬の併用について。

 

処方薬と市販薬の併用は、アレルギー性鼻炎薬と風邪薬に限らずやめておきましょう。処方薬はお医者さんの判断のもとで処方されている薬です。そこにお医者さんの指示なく新しい薬を追加するのは危ない行為なんですよ。

 

わからない時は誰に相談したら良い?

アレルギー性鼻炎薬を飲んでいるけど風邪薬も飲みたい…。

 

でも、併用して良いのかどうかわからない…そうなったら専門的な知識を持つ人に相談するのが一番です。

 

両方とも市販薬ならドラッグストアへ行って、薬剤師さんに聞くのが良いですね。医薬品を扱っているドラッグストアには薬剤師さんがいるので話を聞いてみて下さい。「この薬とこの薬は一緒に飲んで大丈夫ですか?」と質問するだけで大丈夫ですよ。

 

処方されている薬があってそれを飲んでいるなら、かかりつけの病院に行きましょう。そしてお医者さんに「風邪の症状が出てしまったからなんとかしたい」と相談すれば、適切な処置をしてくれるので安心です。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬の併用は、不可能ではないものの、複雑でちょっと難しいですね。できれば薬剤師さんかお医者さんに相談してから飲むようにしたいところです。

 

身近にあるからこそ軽く考えてしまいがちな薬。

 

アレルギー性鼻炎薬と風邪薬は馴染み深いから余計ですよね。だからといって「多分大丈夫」「いつも平気だから問題ない」と考えていると大変なことが起きてしまうかもしれません。

 

ドラッグストアに行ったり病院に行ったりと考えると面倒に感じることもあると思います。特に具合が悪い時はちょっと動くのすらダルくなってしまいますよね。

 

それでも、自分の体を守るのはやはり自分なのですから、これから先のことを考えても併用については意識してほしいと思います。

 

スポンサーリンク