アレルギー性鼻炎の症状を緩和するのに漢方が注目されています。近頃、漢方の体質改善が話題になってますよね。体に良く、負担がかからないので飲む人が増えているんです。

 

「すぐに効かなさそうだし…」・「まずくて飲みづらそうだし…」

 

それでも漢方にはそういうイメージが強く根付いており、敬遠する人も多いようです。ですが長く続けていると徐々に効果が現れ、ふと気づくといつの間にか症状が少し良くなっていた…というケースが結構確認されているんですよ。

 

確かに漢方薬はにおいがきつく、なんとも言えない味なので飲みづらいかもしれません。ですが体質改善にはピッタリなので試してみる価値はあるでしょう。

 

一体どんな漢方薬があるのか詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎に効果的な漢方ってあるの?

アレルギー性鼻炎,漢方,体質改善今、アレルギー性鼻炎の患者さんに漢方を処方する病院が増えているんですよ。それほど漢方が主流になってきているんですね。

 

では、アレルギー性鼻炎にはどんな漢方が効果的なのか紹介していきます。

 

  • ショウセイリュウトウ

花粉症の患者さんによく処方されている漢方です。もちろんアレルギー性鼻炎にも効果があると言われています。鼻水だけでなく痰の症状も緩和してくれるので、鼻や喉のあたりが楽になるんですね。さらに冷え性にも良いと考えられているため、女性に向いた漢方と言えるでしょう。

 

  • コギクオウジンガン

目にさまざまな効果をもたらしてくれる漢方です。デスクワークで目が疲れたりかすんだりしていませんか?アレルギー性鼻炎の人は花粉に悩んでいることが多いようですが、目のかゆみや涙目で悩んでいませんか?

 

コギクオウジンガンはそういった目の症状を緩和してくれるので、充血なんかも良くなってくるんですよ。

 

  • ハッセンガン

アレルギー性鼻炎に効果のある漢方を探しているならこちら。慢性的な気管支炎にも効果がるとされており、不快感の強い痰にも良いんです。ハッセンガンの特徴は呼吸器系の症状を緩和してくれるところですね。

スポンサーリンク

 

  • ビエンガン

アレルギー性鼻炎がとにかくひどい!鼻の症状をピンポイントで良くしたい!そういう人はビエンガンがオススメです。鼻づまりに効くとされており、アレルギー性鼻炎の人はもちろん花粉症の人、慢性的な鼻炎で悩んでいる人も飲んでいる漢方です。

 

なぜ漢方が良いの?体質改善できるって本当?

漢方が良いと言われているのは体質を改善し、自分の体の力で症状を和らげることができるためです。薬はあくまで症状を抑え込むものですので治るわけではありません。

 

例えば風邪薬も風邪が治るわけではなく、症状を抑え込みその間にご飯を食べたりして体力をつけ、自分自身の体の力で打ち勝つようにするのが目的なんですね。対して漢方ですと、体質が改善できるので自分自身の体の力が強くなるんです。

 

じゃあ漢方の体質改善ってどういうことなの?と言いますと…。例えば血の巡りが悪くなっていて、肩こりや頭痛がひどかったとします。ここで湿布を貼っても肩こりの痛みが消えるだけで肩こりが治るわけではありませんよね。

 

アレルギー性鼻炎に漢方が効く?子供にも飲ませて良いの?

 

頭痛薬も同じで、頭痛薬を飲んでも痛みを麻痺させて感じなくさせるだけなので治るわけではないんです。しかしここで“血の巡りを良くする漢方”を飲んだとしましょう。すると血行が良くなるので肩こりや頭痛が改善されるんです。血行が良ければ内臓も元気になりますし冷え性にも効果が期待できますよね。

 

これが漢方の体質改善なんです。

 

漢方を飲む時の注意点ってある?やってはいけないことは?

もし漢方を飲むのであれば、注意点を覚えておきましょう。まずは飲み方についてです。漢方はそのまま口の中に流し込んで飲んだりはりません。お湯を入れ、十分に溶かしてから飲むんです。

 

もしくは水でも大丈夫ですので、お湯か水、好きな方で飲むと良いですね。お茶で飲んだりジュースで飲んだりするのはいけません。

 

それから飲むタイミングについてですがほとんどの漢方は食前を推奨しています。ただ、胃腸に強く作用する漢方は胃腸の負担になってしまうため食後に飲むよう指示される場合もあるんですよ。

 

アレルギー性鼻炎に漢方は効果がある?市販でも大丈夫?

 

それから漢方は必ず用法と用量を守り、お医者さんの指示を受けて飲むようにすること。間違った飲み方をすると副作用が出てしまったりするんです。一緒に飲んではいけない漢方もありますので、素人判断で増やしたり減らしたりするのはやめましょう。

 

まとめ

アレルギー性鼻炎も漢方で体質改善することにより、症状が楽になります。漢方はその人の体質や症状によって合うものが変わってきますので、始める前には必ずお医者さんに相談して下さいね。

 

平均よりも痩せている人だと1回の飲む量を減らしたりすることもあるんですよ。これは専門の知識があるお医者さんでないとわからないことですから、自己判断しちゃダメなんです。

 

スポンサーリンク