子供でも蓄膿症になることがあります。症状は大人と同じで鼻水や鼻づまりや頭痛などに加えいびきも起こるんですよ。気になるいびきには対処法があるのでしょうか?

 

子供は体が発達しきれていないので蓄膿症になりやすく、また治りやすい傾向あると言われているんです。そのため子供の蓄膿症で悩んでいるお母さんやお父さんは多いんですね。

 

蓄膿症の主な症状と言えば鼻水や鼻づまりですが、それと同じくらいいびきも有名です。鼻水や鼻づまりと比べると、本人はいびきにあまり苦しさやつらさを感じないかもしれません。寝ている時、無意識に出るものですからね。

 

ですがいびきは体にとって良くなくて、別の問題を引き起こす可能性もあるんですよ。

 

子供の蓄膿症からくるいびき、どうやって対処するべきなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

子供が蓄膿症かも?どうすれば気づけるの?

子供,蓄膿症,いびき
子供が蓄膿症かもしれない…。お母さんやお父さんが子供の蓄膿症を疑い始める理由で真っ先に挙げられるのが「口臭」、その次に「いびき」なんですよ。

 

子供は大人と比べて自分の症状を上手く訴えることができないので、鼻水や鼻づまりから気づくということは比較的少ないんですね。また、蓄膿症は風邪とよく似ているため、鼻水や鼻づまりがひどくても風邪をひいていると勘違いされやすいんです。

 

だから「口臭」や「いびき」がきっかけになって蓄膿症を疑い始めるケースが多いんですよ。風邪の症状に「口臭」や「いびき」はないですよね。

 

口臭やいびき以外では顔面痛にも注意が必要です。蓄膿症がひどくなると鼻の周り、目、歯のあたりが痛くなってきます。蓄膿症かもしれない…と思ったら、どこか顔に痛いところはないか子供に聞いてみて下さいね。

 

いびきがひどい!?蓄膿症からくるいびきの原因って?

子供が蓄膿症になり、いびきをかくようになった…。でも、いびきの原因ってなんなの?蓄膿症になるといびきをかく理由って?

 

そんな疑問を抱いている人もいらっしゃるかと思います。

スポンサーリンク

 

蓄膿症になるといびきがひどくなるのは「炎症」によるものなんです。蓄膿症の人は鼻の粘膜が炎症を起こしているので、炎症のせいで粘膜が腫れてしまうんですね。粘膜が腫れると気道が狭くなってしまうため、呼吸をした時に空気が通りづらくなるんですよ。そうすると“鼻づまり”の状態になって苦しくなってくるので、自然と口呼吸をするようになります。

 

「じゃあ、口呼吸をしていれば問題ないのでは?」

 

そう思う人もいらっしゃるかもしれませんが、口呼吸を続けていると、今度は喉の粘膜が炎症を起こして腫れるんですね。口呼吸をすることで喉が乾燥するのですが、この乾燥が炎症を引き起こしやすくするんです。そうするとやはり気道が狭くなって、呼吸をしたときに空気が通りづらくなりますよね。

 

そして狭くなった気道を空気が無理やり通ろうとすると“空気抵抗”が起きて、腫れた粘膜が振動するんです。粘膜が振動した時に音が発生するのですが、これこそが“いびき”なんですね。

 

いびきは大人のものだと思われがちですが条件さえ満たしていれば子供でもいびきをかくことがあります。子供が蓄膿症でいびきをかいているなら、鼻の粘膜や喉の粘膜が腫れてしまっているのでしょう。

 

いびきの対処法ってあるの?

子供の蓄膿症からくるいびきを治してあげるには蓄膿症を治すのが一番です。蓄膿症が治らないと炎症がなくなりませんので、鼻づまりと口呼吸が続いたままになってしまいいます。鼻づまりと口呼吸を改善しなければいびきも解消されませんから、早めに病院で診察を受けて治療を始めるようにしましょう!

 

病院で適切な処置を受ければ蓄膿症は治りますので、炎症も治まって鼻呼吸ができるようになり、いびきもかかなくなりますよ。子供ですから病院に行くのを嫌がるかもしれませんが、ここはグっと心を鬼にして連れて行ってあげて下さいね。

 

口呼吸は鼻呼吸と比べて満足に酸素を取り込めませんから、体にとって良くないんですよ。酸素不足になったり、また上手く呼吸できないため睡眠の質が落ちて睡眠不足になったりもするんです。酸素不足や睡眠不足は集中力の低下にも繋がるので勉強の効率も落ちる可能性があります。

 

子供が蓄膿症の影響でいびきをかいているならしっかり治していきましょう!子供の蓄膿症は耳鼻咽喉科や耳鼻科で治療ができますよ。

 

まとめ

子供の蓄膿症は気づきにくいもの。口臭やいびきを感じたなら早く手を打ってあげましょう。

 

耳鼻咽喉科や耳鼻科だと薬を処方される以外に、吸引の処置を行う場合が多いです。溜まった鼻水や膿を吸い出してくれるので、その時は気分が悪くても吸引が終わると鼻がスッキリして楽になるんですよ。

 

そうすると鼻呼吸がしやすくなりますから、いびきも徐々に解消されていくでしょう。

 

スポンサーリンク